スキンケアにコットンは必要?効果のある正しい使い方をご紹介します

スキンケアにコットンは必要か不要かについてですが、結論から言うと必要です。

化粧水を馴染ませたりパックをしたりするときの必須アイテムであり、浸透力や保湿力を高める効果が期待できます。

ふき取りで使用する際は、コットンに適量を含ませて小鼻や額など毛穴の黒ずみや角質による凹凸が気になる部分を拭き取って余分なものを一掃しましょう。

化粧水のハンドプレスでも十分に潤すことが出来ますが、インナードライ肌で内側の乾燥が気になる方はコットンで化粧水をつけたほうが確実で効率的です。

シートマスクの代わりにもなり、保湿パックをするときもコットンが大活躍です。

化粧水や美容液や化粧液や乳液を含ませたコットンを目元や頬や口元など乾燥しやすいポイントに置いておくだけでシートマスク同様にパックが出来て、朝のスキンケア時に行えばベースメイクのノリが格段に良くなります。

関連記事

  1. 【ハンドケア】手の乾燥を防ぐおすすめハンドクリーム3選!

  2. 花粉|肌荒れが起きる原因とおすすめのスキンケア方法をご紹介

  3. 【ニキビ】肌悩み別のおすすめのスキンケア用品BEST3!

  4. 【乾燥】肌悩み別のおすすめのスキンケア用品BEST3!

  5. 〈ベビーオイル〉大人女子の美容に大活躍な理由をお教えします

  6. デイクリームって?役割と共に使い方を徹底解説します

  7. 〈スクラブ洗顔〉メリットや効果的な使い方をご紹介します

  8. スキンケアの順番とは?正しいお手入れ方法を肌質別に解説します!

人気の記事

PAGE TOP