青クマ|目の下にできるクマの原因を徹底解説します!

目の下にできるクマには大きく分けて、青クマ、茶クマ、黒クマの3種類があります。

まず青クマとは、目の周りの血行不良により毛細血管が透けて見えている状態のことを言いますが、主にパソコンやスマホの長時間使用で目を酷使したり、寝不足や疲れが原因となっています。

次に茶クマとは、色素沈着によって茶色くくすんで見えている状態のことを言い、メラニンによる色素沈着が原因です。

毎日のクレンジングで目をこすったり、目元の保湿不足などによって発生します。

最後に黒クマは、目の下のたるみなどで目の下に影が出来て黒っぽく見えている状態のことを言います。

これは加齢で目の周りの眼輪筋などの筋力が低下し、コラーゲンの減少などで肌のハリが亡くなることが原因になっています。

以上のように、クマの原因は種類により様々なので、自分のクマの原因を調べて対処することをお勧めします。

関連記事

  1. アルガンオイルって?期待できる美容効果をご紹介します!

  2. 〈背中編〉大人ニキビはできる箇所によって原因が違う?

  3. 〈頬編〉大人ニキビはできる箇所によって原因が違う?

  4. 〈おでこ編〉大人ニキビはできる箇所によって原因が違う?

  5. シアバターって?期待できる美容効果をご紹介します!

  6. アンプル|美容液の特徴と効果的な使い方を徹底解説します

  7. 〈アゴ編〉大人ニキビはできる箇所によって原因が違う?

  8. 黒クマ|目の下にできるクマの原因を徹底解説します!

人気の記事

PAGE TOP