レチノールの肌への副作用や効果的な使い方を詳しく解説します

レチノールとは、脂溶性のビタミンの一種であるビタミンAになります。

抗酸化ビタミンで、皮膚や粘膜を健全な状態に保って、抵抗力を高める働きがあります。

レチノールを肌につけることで、炎症性のある部分の症状を抑える効果が期待できます。

ニキビなどの改善に役立つほか、肌に塗ることで表皮の細胞分裂を活性化させて肌のターンオーバーを促し、シミの原因であるメラニン色素を排出する効果が得られます。

様々な種類があるため、使う場合には自分に合ったタイプの種類を使うことが大切です。

レチノールは作用が大きい分、肌に負担がかかりレチノイド反応という副作用が出ることもあります。

この副作用は赤み・乾燥・皮膚剥け・ヒリヒリ感・吹き出物などの反応が出やすく、つけて2?3日後に出やすく、人によってはもっと後から現れることもあるため注意が必要です。

関連記事

  1. 【食事編】自宅でできる頭皮のアンチエイジング方法をご紹介

  2. 【魚介類】エイジングケアに効く理由をご紹介します!

  3. 【フルーツ】エイジングケアに効く理由をご紹介します!

  4. 〈クレンジング編〉エイジングケアを意識したお手入れ方法をご紹介!

  5. 日焼け止めを塗るだけで肌の老化を防げるって本当なの?

  6. 【発酵食品】エイジングケアに効く理由をご紹介します!

  7. 顔のシミにはビタミンCが有効?おすすめな理由を詳しく解説します

  8. スマホが原因?顔のたるみの予防ポイントをご紹介します

人気の記事

PAGE TOP